読者の方のエピソードNo.005金城真有美さん~ちょっとだけ~

読者の方のエピソードNo.005金城真有美さん~ちょっとだけ~

 

ご縁をいただきありがとうございます。
ママそら絵本館 館長 津村美乃里 です。

非公開のママそら絵本館Facebookグループにご参加いただいている方との

グループ内での交流からおうかがいできた

素敵な読者の方のエピソード をご紹介をします!!

 

 

この地が大好きな方も多いのではないでしょうか?

太陽の光あふれる沖縄よりママそらおきなわ支部リーダー

金城真有美さんからのおすすめ絵本&エピソードです(*^-^*)

 

赤リボンライン赤リボンライン

10155645_524807364296957_1801730011_n
★素敵なエピソード読者モデル名:
金城 真有美さん(沖縄県)

【HP】

★ママそら☆おきなわ
facebookページ
https://www.facebook.com/mamasola.okinawa/

★ママそら☆おきなわ
facebookグループ
https://www.facebook.com/groups/mamasola.okinawa1/

 

 

★オススメの絵本

ちょっとだけ

作: 瀧村有子
絵: 鈴木 永子
出版社: 
福音館書店


↑画像クリックでAmazonにとびます

 
☆エピソード

第2子以降ご出産予定のママへオススメの本です! 私が次男妊娠中に出逢った絵本で、本当は長男のために買ったものですが、

なっちゃんがあまりにも切なくて切なくて、私自身が途中で号泣してしまいます。

未だに、泣かずに最後まで読むことは出来ません。。。 表紙を見ただけで涙が出てきます・・・。

なっちゃんが甘えたい気持ちを、グッと抑えてがんばってるのをみると、

上の子に優しくしなきゃ!って思えます。厳しくし過ぎたかな、もっと甘えさせなきゃな、と自分自身を振り返ります。

また、最後のお母さんのセリフも感動的☆

私もこんなお母さんになりたい!!

と思える一冊です♡

 

 

★内容紹介

なっちゃんの家に赤ちゃんがきて、なっちゃんはお姉さんになります。

お母さんは赤ちゃんのお世話で忙しいので、いつもなっちゃんの要求に応えてあげるという訳にはいかなくなりました。

手をつなぐことも、牛乳をコップにつぐことも、着替えの時にボタンをとめることも、髪を結ぶことも。なっちゃんがしてほしい時に限って、

お母さんは赤ちゃんのお世話でたいへんそう。なっちゃんは、思いきって自分でやってみます。

みんな初めてのことで、上手にはいかなかったけれど ”ちょっとだけ”成功しました。

お姉さんになったからといろんなことを頑張るなっちゃんですが、眠くなった時だけは、どうしてもお母さんに甘えたくなります。

「”ちょっとだけ”でいいからだっこして」とお母さんにお願いしてみると、

お母さんにはなっちゃんの大切なお願いはちゃんとわかりました。

「いっぱいだっこしたいんですけど、いいですか?」とお母さんはなっちゃんのことをいっぱいだっこしてくれました。

お姉さんになったことで感じる切なさ、そしてそれを乗り越えることで成長していく子どもの姿を母親の深い愛情とともに描かれています。

 

赤リボンライン赤リボンライン

 

金城真有美さん、ありがとうございました♡

ちょうど第2子妊娠中の私にはすごくうれしいタイムリーなご紹介でした!

 

私はママそら絵本館を始める前、5年間ベビーマッサージ講師をしていたのですが

「ふれ愛」や「五感の中の触覚の大切さ」など学び、いろいろな親子さんに出会ううちに

ベビーマッサージは兄弟がいる子は上の子にこそしてあげた方がいい」と思いました。

その時は私自身1人の娘だったので客観的に親子さんとのふれあいのうちに感じたのですが、

今回第2子を妊娠してさらにそう思いました。

 

昨日のブログで「アナと雪の女王、姉妹愛」についてご紹介しているように

私自身長女ということもあるのですが「上の子の気持ち」、すごくよくわかります。

母のおかげでさみしい想いややきもちはなく、5歳離れた妹が本当にかわいくて、

「ちいおかあちゃま(ちいさいおかあさん)」と呼ばれるのもうれしかったのですが、

でもがんばっちゃうんですよね(笑)

「自分はおねえちゃん」というプライドや誇らしさ、先輩風を吹かせたい気持ち・・・

上の子の方が「優等生」キャラなご家庭、多くないでしょうか?

よい、わるいではなく ・・・

 

赤ちゃんはおむつ替えなどどうしても手がかかり、触れ合う機会が多くなります。

 

それを見ている上の子に

 

「あなたがあかちゃんのときもこんなにいっぱいだっこしてたんだよ」

「あかちゃん、ないているけどどうしたらいいかな?」

「だいすきだよ」

 

そして、ぎゅーっとハグしたりだっこしたり、

 

もちろん一緒に絵本をよんだり

 

少しだけでも密度の濃い二人だけの時間をつくろうと思います(*^-^*)

やっぱり何歳になってもこどもはこどもだから。

 

と、第2子出産後バタバタで

ついついこの気持ちを忘れてしまわないように 自分に誓う意味も込めてのご紹介でした(笑)

 

ラインフラワーラインフラワー

 

 自作絵本「からだからのおてがみ」              
20140311_162649000_iOS      

 

★ 「数秘&カラー ✚絵本」セッション

1898115_515966951847665_157410819_n

 

ご覧いただきありがとうございました!(*^-^*)

 いいね! や コメント などで応援くださればうれしいです♡

20140127-232657.jpg

 

 お問い合わせ

 

ママそら 絵本館 Facebookページ

https://www.facebook.com/mamasoraehonkan

 

ママそら 絵本館 Facebookグループ
ママそら 絵本館 ホームページブログ
ママそら絵本館 アメブロ
Twitter @mamasoraehonkan
ママそらコラム「笑顔の魔法使い」
http://mamasola.net/?cat=76

 

一覧へ戻る