「太陽が生まれ変わる日」✩冬至とホロスコープ

「太陽が生まれ変わる日」✩冬至とホロスコープ

冬至

本日2018年12月22日

冬至でした。

冬至は柚子湯に入ったり

「南瓜(かぼちゃ)」など「ん」がつくものを食べたりして健康や招福を祈ります。

わたしも家族で生田神社へ行った帰りの

温泉でも柚子湯がありほっこりしました!

一陽来復

冬至は1年で最も日が短い日。

翌日から日が長くなっていく日です。

そこで、

冬至を太陽が生まれ変わる日ととらえ、

ホロスコープ(西洋占星術)でも

「太陽が生まれ変わる日」

とよばれたりします。

日本や中国では

陰が極まり再び陽にかえる日という意味

一陽来復(いちようらいふく)といって、

冬至を境に運が向いてくるとしています。

冬至とホロスコープ

ホロスコープでは冬至はターニングポイント、

最後の仕上げの期間に入ります。

春分のスタート(太陽が牡羊座の0度に入る日)

から

冬至のターニングポイント(太陽が山羊座0度に入る日)

に。

「起承転結」の「結」、

最後の仕上げにわくわくしながら

どんどん動いて行動する時期です!

そして2018年のホロスコープでは

太陽は山羊座0度、12ハウスに入っています。

12ハウスは秘密の部屋といわれていて、

精神的なこと、

潜在意識、スピリチュアルなこと

焦点を当てていくこを意味しています。

さらに、明日2018年12月23日は

蟹座満月です!

一覧へ戻る