親子の絵本楽しみ方

20140126-230805.jpg

ご覧いただきありがとうございます(*^^*)

ママそら 絵本館 です。

絵本の楽しみ方…

親子それぞれあると思うのですが、

ママそら 絵本館として
イチオシ!で

かかせないのは

どこか身体がひっつきあってること!!

おひざの上でだっこしながら

肩と肩を寄せ合いながら

手をおひざにおきながら

などなど

絶対にどこかふれててもらいたいなー
と思います。

以前ベビーマッサージ講師のお仕事もしていたのですが、

やっぱり

ふれ愛って大事!!

そしてこの間は娘と

「抱っこセミナー」なるものに参加したのですが、

やっぱりふれ愛って大事!!

しかも間に絵本があったら

最強だと思うんです(*^^*)

そしてその五感からの刺激が

脳の中で記憶となって

忘れたようでも深層心理に

すりこまれていきます。

聴覚:ママの声、こどもの声、ページを

めくる音…

視覚:絵本の絵、文、文字、書体、

ママやこどもの姿、おうちの中の

風景…

嗅覚:ママやこどもの香り、おうちの香

り、新しい絵本の香り、図書館の

香り…

など、ちっちゃい時の記憶、

ありませんか?(*^^*)

こういう日常のなにげないようで

しあわせな時間こそが

愛情チャージ になり、

心のよりどころとなり、

宝物になっていって

反抗期や 赤ちゃん返りや

ストレスとかを迎えても

きっと原点にたちもどれる礎に

なるんじゃないかな

と思います。

そしてやっぱり、

心と心のふれ愛

コミュニケーションにつながります!

文字を指で追い、

文字どおりに読むのではなく、

会話を楽しみながら、

「この子はこういうところが
好きなんだ!」

「すごい発想だな〜」

「見つけるのが上手!」

「ここが笑いのツボなの?!」

と、

新しい魅力や特技を発見するのも

楽しいです★

私も以前は

「文字どおりに読まないと」

とか

「まだこのページ読みおわってないのに、

次のページめくらないで〜」

とか

全然たのしくない読み方をしていた

時期もありました笑

そんなのこどももたのしくないよね(^_^;)

その時期はずっと仕事に家事に送迎に

勉強に…と常に時間に追われていて、

娘のお稽古もたくさんしていたり、

自分に余裕がない時だったんです。

読み方って本当に

その時の自分の精神状態

考え方

あらわれますね!!

あなたは今どんな読み方をし

ていますか?

20140126-230615.jpg

一覧へ戻る